<acronym id="w6qok"><small id="w6qok"></small></acronym>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<acronym id="w6qok"><optgroup id="w6qok"></optgroup></acronym><rt id="w6qok"><optgroup id="w6qok"></optgroup></rt>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<rt id="w6qok"><center id="w6qok"></center></rt>
<acronym id="w6qok"><small id="w6qok"></small></acronym>
 
「第14次5ヵ年計画」序盤 新らたな姿で奮い立って前進
    2021年12月30日、蘇州工業園区共産党工作委員会(拡大)会議が開かれ、「第14次5カ年計画」スタート年の「成績表」が提出された。見通しとして、年間地域総生産が約3250億元で、前年同期比9.5%から10%増、規模以上工業総生産額は5960億元で、16.5%増、固定資産投資額は438億元を超え、成長率は8%を超え、輸出入総額は1100億ドルで、約16%の増加、実際使用外資は19.7億ドルで、高位を維持した。 「世界一流ハイテク園区、一流自由貿易試験区の建設を加速させ、未来に向けた蘇州都市新センターを建設する」という歴史的新目標および蘇州市委員会、蘇州市政府の蘇州工業園区に対する「一流の産業新区、一流の開放特区、... [MORE]
全力で経済発展の「幸先よいスタート」を実現
    1月3日の午後、蘇州工業園区第1四半期経済運行分析会並びに重点プロジェクト推進会が現代ビルで開催され、思想をさらに統一し、心を一つに、重点プロジェクトの建設を加速し、経済発展の「幸先よいスタート」を実現し、年間目標と任務の円満な達成を確保する。 2022年、園区主要指標の予想目標は地域総生産が5.5%以上増え、一般公共予算収入が4.5%以上増え、固定資産投資が5%増え、社会消費財小売総額が7%増え、輸出入総額が全体的に安定することである。会議は園区の経済運行状況を分析?判断し、第1四半期の経済活動を全面的に配置?推進し、第1四半期の経済活動における総合目標を定めた。2022/01/27  [MORE]
園区は全省初の外資本部経済集積区を獲得
    2022年、外資本部の経済発展は喜ばしくも幸先よいスタートを切った。光栄にも蘇州工業園区は江蘇省外資本部経済集積区に認定され、全省初且つ唯一この栄誉を獲得した地域である。 蘇州工業園区は改革開放によって立ち上がり、その良好な産業基盤、イノベーション生態、ビジネス環境は外資企業の共同努力なくして成り立たない。27年の発展を経て、たくさんの優秀な多国籍企業本部がここに集まった。2021年、園区は第1陣の中日韓(江蘇)産業提携モデル園区の認定を獲得し、省レベルの外資企業本部6社、市レベルの外資企業本部21社、省レベルの外資本部育成企業及び幾つかの外資研究開発センターが加わった。 園... [MORE]
園区金融企業誘致は量と質を同時に推進
    2021年、園区が新たに導入した金融類機関は248社、金融及び各種金融サービス機関の総数は1320社に達し、全国において金融機関の種類が最も揃い、数が最も多く、分布が最も密集し、外資の集積度が最も高い地域の一つとなった。国泰君安、国信証券、中信証券、東北証券、西南証券、開源証券、海通証券など多くの優れた証券プロジェクトが園区を選び、蘇州にハイレベル出先機関を設立し、産業発展に強い成長エンジンを注入した。 将来的に、園区金融発展とリスク防止局はしっかりと各項の国家戦略重畳チャンスを掴み、金融の核心に焦点を当て、より多くの投資規模が大きく、産業構造が優れ、科学技術含有量が高く優れ... [MORE]
シンガポール国立大学(蘇州)研究院バイオ医学工程イノベーションセンターがキックオフ
    1月6日の午後、シンガポール国立大学(蘇州)研究院バイオ医学工程イノベーションセンターが正式にキックオフし、研究院の設立10周年に対して重量級の「誕生日祝い」を送り、園区の「デジタル経済時代産業イノベーションクラスター」構築のために新たな原動力を注入した。 シンガポール国立大学(蘇州)研究院は設立の10年以来、世界一流大学のリード優位性を十分に発揮し、幾つもの卓越した研究センターを立ち上げ、長年に渡って成功裡に中国?シンガポール国際科学技術交流とイノベーション大会を開催し、中国?シンガポール提携内包を豊かにする重要な架橋及び絆となった。 将来において、バイオ医学工程イノ... [MORE]
園区企業数が10万の大台を突破
    年が明けてからの営業日初日、「蘇州荷光科匯生物科学技術有限公司」の営業許可証が「自動証書プリンター」の上からゆっくり滑り出すに従い、蘇州工業園区の企業保有数は正式に10万の大台に入った。 ここ数年以来、園区は一貫して企業の需要を出発点及び重点とし、絶えず商事制度の改革を深化させ、最も簡単なプロセス、最も速い速度、最も優れたサービスで企業に最大の便宜を提供してきた。同時に、「インターネット+」政務サービスプラットフォームを拠り所に、全力で手続きが「最大1回」で済む改革を推進し、市場主体の起業?イノベーション活力をさらに奮い立たせ、全力で「一流の産業新区、一流の開放特区、... [MORE]
 
豪彩官网