<acronym id="w6qok"><small id="w6qok"></small></acronym>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<acronym id="w6qok"><optgroup id="w6qok"></optgroup></acronym><rt id="w6qok"><optgroup id="w6qok"></optgroup></rt>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<acronym id="w6qok"></acronym>
<rt id="w6qok"><center id="w6qok"></center></rt>
<acronym id="w6qok"><small id="w6qok"></small></acronym>
返回管委会首页
繁體 |English |日语 |无障碍
メイン > 園区動態

「十大症状」を発見 直ちに医師にかかって検体採取

Date:2022-03-08 09:08:36|Source:|Font Size: AAA

 今回の蘇州新型コロナ感染の中リスク地域が徐々に少なくなるにつれて、全市操業再開?復学業務は積極的に準備している。市民が特に関心を持つ問題に対して、3月6日、記者は蘇州市疾病予防管理センター伝染病予防治療科副科長、主任医師の陳立凌氏を取材し、操業再開?復学後の防護注意事項について解読した。

 特に注意すべき点は、オミクロンの感染は一般的に典型的な症状がないので、もし市民は新型コロナウイルス感染による肺炎の「十大症状」があれば、直ちに医師にかかってPCR検査をすべきだと陳立凌氏は強調した。新型コロナウイルス感染による肺炎の「十大症状」は、発熱、空咳、倦怠感、嗅覚?味覚減退、鼻づまり、鼻水出し、喉の痛み、結膜炎、筋肉痛と下痢を含める。

 継続的に個人防疫を堅持し、科学的にマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ち、個人の衛生に気を配り、手洗いを励行し、頻繁に窓を開けて換気し、ワクチン接種を堅持すると陳立凌氏は市民にアドバイスした。


2022/03/08

ウェブサイト: www.pcpandoras.com   |  お問合せ
豪彩官网